円形脱毛症のはなし

円形脱毛症は、類円形の脱毛斑を生じる後天性の病気です。頭髪のみならず毛髪が存在するあらゆる部位に発生します。年齢、性別に関わりなく発症します。

原因

円形脱毛症では、頭髪に「自己免疫反応」というものが起きています。正常の免疫反応は、体内にウイルスや細菌などの異物が入ってきた際にTリンパ球という細胞が異物を攻撃するというものですが、このTリンパ球が異常を起こし、正常な自分の細胞を攻撃してしまうことがあります。これを「自己免疫反応」と呼びます。

 

 

円形脱毛症になると、頭皮では異常なTリンパ球が、上の図のように毛根を攻撃します。このために髪の毛が抜けるという現象が起きているのです。

円形脱毛症のきっかけはストレスや、感染症、睡眠不足、過度の疲労、出産、けがなどさまざまなものがありますが明らかな誘因がない場合もあります。

 

円形脱毛のタイプ

円形脱毛症は脱毛斑の数、範囲、形態などにより分類されます。円形の10円玉や500円玉のような形での脱毛が1ヶ所であれば「単発型」、2ヶ所以上あると「多発型」と言われます。脱毛の範囲が頭皮の25%以上になると重症となります。

 

重症の円形脱毛症には、「多発型」や頭髪の生え際が帯状に脱毛する「蛇行型」、頭髪の全てが抜ける「全頭型」さらに、眉毛や腋毛などの体毛も抜けてしまう「汎発(はんぱつ)型」という種類もあります。

 

 

治療法の選択

 

 

「円形脱毛症」の治療は、年齢や脱毛の範囲などにより異なります。

軽症であれば、ステロイドや塩化カルプロニウムなどの外用薬で治療を行います。そのほかエキシマライトやナローバンドUVBという光線治療を行う場合もあります。光線治療は脱毛した部分に紫外線を照射して、異常なTリンパ球を抑制する治療です。

これらの治療を行い、約3ヶ月〜半年ほど経過をみて治療効果を判定します。

 

重症の患者さんには「局所免疫療法」という治療を行います。これは化学物質(SADBE)を脱毛している部分に塗って、軽いかぶれを起こして脱毛を治すという方法です。化学物質に反応するTリンパ球が、円形脱毛症を引き起こしているTリンパ球の働きを抑えます。免疫のバランスを変えることで自己免疫反応が抑えられると考えられています。

 

当院では光線療法、局所免疫療法での円形脱毛症治療を行なっております。円形脱毛症でお悩みの方はいつでもご相談ください。

2021年05月27日